胃癌 TAGS

Trifluridine/tipiracil versus placebo in patients with heavily pretreated metastatic gastric cancer (TAGS): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial.

Shitara K, Doi T, Dvorkin M, et al. Lancet Oncol. 2018 Nov;19(11):1437-1448. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胃癌/食道胃接合部癌 三次治療以降 第3相 全生存期間 国際 あり

試験名 :TAGS [ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02500043]

レジメン:FTD/TPI vs プラセボ

登録期間:2016年2月〜2018年1月

背景

FTD/TPIは標準治療に不応となった転移性結腸直腸癌において、二重盲検比較第3相試験(RECOURSE試験)の結果を基に本邦を始め、米国、欧州で承認となっている。
進行胃癌に関しては、本邦で既治療例を対象に第II相試験(EPOC1201試験)が実施され、生存期間中央値 8.7ヶ月、担当医評価の病勢制御率 66%と良好な有効性と忍容可能な安全性を示しており、今回の国際共同プラセボ対照二重盲検比較第3相試験(TAGS試験)の実施に至った。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ