胃癌 REGARD

Ramucirumab Monotherapy for Previously Treated Advanced Gastric or Gastro-Oesophageal Junction Adenocarcinoma (REGARD): An International, Randomised, Multicentre, Placebo-Controlled, Phase 3 Trial.

Fuchs CS, Tomasek J, Yong CJ, et al. Lancet. 2014 Jan;383(9911), 31-39. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胃癌/食道胃接合部癌 二次治療 第3相 全生存期間 国際 なし

試験名 :REGARD

レジメン:ラムシルマブ vs プラセボ

登録期間:2009年10月〜2012年1月

背景

進行胃腺癌に対する一次化学療法として標準的な殺細胞性抗癌剤が使用されるが、生存期間中央値は8~10ヶ月である。米国や欧州では、この一次化学療法後に使用する二次化学療法が未だ承認されていないのが現状である。
血管内皮増殖因子(VEGF)とVEGFレセプター2(VEGFR-2)を介したシグナル伝達と血管新生は胃癌の発症に重要な役割を有し、基礎的検討ではVEGFR-2の阻害は腫瘍の増殖や血管新生を抑えることが報告されている。また、胃癌症例においてVEGFの血中/腫瘍内濃度が腫瘍の増殖と生存期間の短縮に関与することも示されている。
ラムシルマブはVEGFR-2の細胞外ドメインに結合するヒト型IgG1モノクローナル抗体であり、VEGFリガンドの結合を遮断し、受容体の活性化を阻害する。
本試験は一次化学療法で不応/不耐となった進行胃癌/食道胃接合部癌患者に対し、ラムシルマブ単剤療法の有効性、安全性を検証することを目的にしたランダム化第3相比較試験である。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ