胃癌 J-CLASSIC

Adjuvant capecitabine plus oxaliplatin after D2 gastrectomy in Japanese patients with gastric cancer: a phase II study.

Fuse N, Bando H, Chin K, et al. Gastric Cancer. 2017 Mar;20(2):332-340. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胃癌術後
(pStage II/III)
術後補助化学療法 第2相 用量強度 国内 あり

試験名 :J-CLASSIC

レジメン:カペシタビン+オキサリプラチン

登録期間:2012年7月〜2013年7月

背景

本邦において1000例を超えるR0切除後のStage II/III胃がん症例を対象として、手術単独と術後補助化学療法(S-1単剤)を比較検討するACTS-GC試験が行われ、術後補助化学療法による生存期間の有意な延長を示した。同様に韓国・中国・台湾では根治切除後のStage II-IIIB胃がん症例を対象として、カペシタビン+オキサリプラチン(XELOX)による術後補助化学療法の有用性を検証するCLASSIC試験が行われ、同様に全生存期間、無再発生存期間の有意な延長を示した。
XELOX療法はCLASSIC試験で十分な忍容性が報告されたが、同様に白金製剤ベースの術後補助化学療法としてのS-1+シスプラチン療法は、1サイクル目のシスプラチンが省略されない限り、日本人患者では実施困難であると報告されている。 現在、根治的胃切除後の日本人症例に対する術後補助化学療法として、XELOX療法の実行可能性を示すデータは入手できず、日本人患者におけるXELOX療法の実行可能性を評価するために、本試験を実施した。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ