膵癌 CONKO-01

Adjuvant chemotherapy with gemcitabine vs observation in patients undergoing curative-intent resection of pancreatic cancer: a randomized controlled trial.

Oettle H, Post S, Neuhaus P, et al. JAMA. 2007 Jan 17;297(3):267-77. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
膵癌 術後補助 第3相 無病生存期間 ドイツ・オーストリア なし

試験名 :CONKO-01

レジメン:ゲムシタビン術後補助療法 vs 手術単独

登録期間:1998年7月〜2004年12月

背景

膵癌は手術が唯一の治癒が期待できる治療法であるが、術後再発が稀ではないため、膵切除後患者の5年生存割合は23.4%と低い。このため、手術単独では膵癌の予後改善には不十分であることは明らかであり、これまで5-FUなどによる術後補助療法が試されてきたが、有効性を証明できなかった。ゲムシタビンは様々な癌腫に対して活性を示し、進行膵癌においても5-FUと比べて生存期間の延長と疼痛緩和効果などの臨床的ベネフィットが示された。このため、ゲムシタビンは膵癌術後補助療法としての効果も期待され、本試験が行われた。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ