食道癌 JCOG9204

Surgery plus chemotherapy compared with surgery alone for localized squamous cell carcinoma of the thoracic esophagus: a Japan Clinical Oncology Group Study - JCOG9204.

Ando N, Iizuka T, Ide H, et al. J Clin Oncol. 2003 Dec 15;21(24):4592-6. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
食道扁平上皮癌術後
(pStage II/III/IV(M1 lymのみ))
術後補助化学療法 第3相 無病生存期間 国内 あり

試験名 :JCOG9204

レジメン:手術単独 vs 手術+術後補助化学療法(5-FU+シスプラチン)

登録期間:1992年7月〜1997年1月

背景

本邦では食道癌に対する標準治療として、拡大リンパ節郭清を伴う経胸アプローチによる食道切除術が行われているが、治療成績をさらに改善するためには、集学的治療の開発が必要である。
JCOG8806試験では、食道癌術後の補助化学療法としてシスプラチン+ビンデシン併用療法の有効性を検討されたが、術後補助化学療法群の手術単独群に対する生存率の改善効果は認めなかった。その一方で、JCOG8807試験では進行食道癌に対する5-FU+シスプラチン併用療法が奏効割合 36%と良好な成績を示しているため、 5-FU+シスプラチン併用療法の術後補助化学療法としての有効を検証する目的に本試験が実施された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ