食道癌 CDDP±5-FU

Randomised phase II study of cisplatin and 5-fluorouracil (5-FU) versus cisplatin alone in advanced squamous cell oesophageal cancer.

Bleiberg H, Conroy T, Paillot B, et al. Eur J Cancer. 1997 Jul;33(8):1216-20. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
進行食道扁平上皮癌 一次治療 第2相 奏効割合 欧州 なし

試験名 :(RP-II:CDDP±5-FU)

レジメン:シスプラチン vs シスプラチン+5-FU

登録期間:1985年9月〜1989年4月

背景

進行食道癌に対する治療は通過障害や嚥下困難からの症状緩和を主な目的として実施されてきた。たとえ、症状がなくても全身状態が悪く積極的な治療が困難な事が多い。
化学療法に関しては、これまで主に、局所進行例に対して時には放射線照射を併用しながら術前治療として検証され、シスプラチン+5-FU併用療法は12-44%の完全寛解割合、42-72%の奏効割合を報告してきた。
進行食道癌に対しては、シスプラチン併用療法の奏効割合が25-33%である一方、低い完全寛解割合、短い奏効期間、重篤な有害事象が報告されている。そこで、シスプラチン単剤療法であれば有害事象が少ないと想定され、5-FUとの併用療法よりも緩和されるのではないかと考えられ、シスプラチン単剤療法とシスプラチン+5-FU併用療法の安全性と有効性を評価する本試験が実施された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ