胆道癌 ABC-02

Cisplatin plus gemcitabine versus gemcitabine for biliary tract cancer.

Valle J, Wasan H, Palmer DH, Cunningham D, et al. N Engl J Med. 2010 Apr 8;362(14):1273-81. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胆道癌 一次治療 第3相 全生存期間 英国 なし

試験名 :ABC-02

レジメン:ゲムシタビン+シスプラチン vs ゲムシタビン

登録期間:2002年2月〜2008年10月

背景

進行胆道癌は化学療法が奏効する可能性があると考えられていたが、ランダム化試験は行われておらず、標準治療が確立していなかった。ゲムシタビンは膵癌への有効性が報告されて以降、胆道癌に対しても多く用いられるようになっており、シスプラチンは肺癌や膀胱癌などで、ゲムシタビンとの相加または相乗効果が報告されていた。
進行胆道癌に対するゲムシタビンとシスプラチン併用療法の第2相試験(ABC-01)において、無増悪生存期間の延長が示されたため、ゲムシタビン単剤とのランダム化第3相試験の実施へと移行した。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ