胃癌 ToGA

Trastuzumab in Combination With Chemotherapy Versus Chemotherapy Alone for Treatment of HER2-positive Advanced Gastric or Gastro-Oesophageal Junction Cancer (ToGA): A Phase 3, Open-Label, Randomised Controlled Trial.

Bang YJ, Van Cutsem E, Feyereislova A, et al. Lancet. 2010 Aug;376(9742):687-97. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胃癌/食道胃接合部癌 一次治療 第3相 全生存期間 国際 あり

試験名 :ToGA

レジメン:化学療法単独 vs 化学療法+トラスツズマブ

登録期間:2005年9月〜2008年12月

背景

HER2(上皮成長因子受容体2)は胃癌の腫瘍形成に関わる重要なバイオマーカーであり、重要なドライバーであるという報告が増えている。過去の報告では腫瘍の7〜34%で増幅または過剰発現が示されており、一部の研究では胃癌のHER2陽性状態が予後不良および疾患の進行性と関連することが示唆されている。
HER2を標的とするモノクローナル抗体であるトラスツズマブはHER2陽性乳癌の標準治療薬となっているが、HER2過剰発現を有する他癌腫に対しては有効性が確立していない。胃癌の前臨床モデルにおいてトラスツズマブはカペシタビン、シスプラチン、あるいは両者との併用において相加的な抗腫瘍効果が認められていることから、HER2過剰発現を有する胃癌/食道胃接合部癌の一次化学療法におけるトラスツズマブ上乗せの安全性と有効性を検証する目的に本試験が実施された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ