胃癌 SPIRITS

S-1 plus cisplatin versus S-1 alone for first-line treatment of advanced gastric cancer (SPIRITS trial): a phase III trial.

Koizumi W, Narahara H, Hara T, et al. Lancet Oncol. 2008 Mar;9(3):215-21. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胃癌 一次治療 第3相 全生存期間 国内 あり

試験名 :SPIRITS

レジメン:S-1 vs S-1+シスプラチン

登録期間:2002年3月〜2004年11月

背景

本邦で行われた進行胃がんを対象としたS-1の第II相試験では44-54%の奏効割合を報告し、S-1は広く一次治療で使用されている。また、シスプラチンは進行胃がんの治療に際して、重要な化学療法薬剤である。
筆者らは進行胃がんに対してS-1+シスプラチン併用療法の第I/II相試験を実施し、良好な有効性(奏効割合 76%・生存期間中央値 383日)と忍容可能な安全性を得た。
以上より、本試験は、進行胃がんに対する一次治療として、S-1+シスプラチン併用療法のS-1単剤に対する全生存期間の優越性を検証するために行われた。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ