胃癌 (nab-PTX+RAM)

A phase II study of nab-paclitaxel in combination with ramucirumab in patients with previously treated advanced gastric cancer.

Bando H, Shimodaira H, Fujitani K, et al. Eur J Cancer. 2018 Mar;91:86-91. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胃癌 二次治療 第2相 奏効割合 国内 あり

試験名 :なし

レジメン:ナブパクリタキセル+ラムシルマブ

登録期間:2016年1月〜2016年5月

背景

パクリタキセル+ラムシルマブ併用療法はRAINBOW試験において一次治療後の進行胃癌症例を対象に、パクリタキセル+プラセボと比較して有意な生存延長を示したことから標準的二次化学療法として位置づけられた。
一方、アルブミン懸濁型パクリタキセル(ナブパクリタキセル)は既存のパクリタキセル製剤で必要とされたポリオキシエチレンヒマシ油(クレモホールEL®)や無水エタノールの溶媒を必要としないため、溶媒に起因した過敏症の発現リスクがなく、アルコール不耐症例への投与も可能になるなど、利便性が向上した薬剤である。ナブパクリタキセルの毎週投与法は、胃癌二次化学療法を対象としたABSOLUTE試験において、パクリタキセルの毎週投与法と非劣勢が示されており、本試験においてナブパクリタキセル+ラムシルマブ併用療法の安全性と有効性を評価するに至った。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ