胃癌 JACCRO GC-07

Addition of Docetaxel to Oral Fluoropyrimidine Improves Efficacy in Patients With Stage III Gastric Cancer: Interim Analysis of JACCRO GC-07, a Randomized Controlled Trial.

Yoshida K, Kodera Y, Kochi M, et al. J Clin Oncol. 2019 May 20;37(15):1296-1304. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
胃癌術後
(pStage III)
術後補助化学療法 第3相 3年無再発生存割合 国内 あり

試験名 :JACCRO GC-07

レジメン:S-1 vs S-1+ドセタキセル

登録期間:2013年4月〜2017年4月

背景

アジアにおいて、胃がんは切除可能例が多いことと、D2郭清により良好な局所コントロールが得られることから、補助治療として術後補助化学療法に焦点が当てられてきた。
2007年に報告されたACTS-GC試験では、pStage II/IIIの術後胃がん症例を対象として、手術単独療法と比較し、術後12ヶ月間のS-1単剤療法が全生存期間と無再発生存期間を有意に延長した。更に、韓国を中心として行われたCLASSIC試験においても、手術単独療法と比較し、術後6ヶ月間のカペシタビン+オキサリプラチン併用療法が5年生存割合においてS-1単剤療法と同等の改善を示し、アジアでは2つの標準的術後補助化学療法が存在している。
S-1単剤療法に関しては、pStage III症例において有効性が低下し、血行性転移再発を十分に防ぐことができず、更なる改良が必要と考えられてきた。
ドセタキセルは胃がんに対して、単剤のみならず、S-1との併用や5-FU/シスプラチンとの併用で有効性が示されており、術後補助化学療法として、S-1+ドセタキセル併用療法のS-1単剤療法に対する優越性を検証する臨床試験が計画された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ