MSI-H固形癌 KEYNOTE-016

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
大腸癌 3次治療以降 第2相 無増悪生存割合*
奏効率**
国際 なし
大腸癌以外の固形腫瘍 2次治療以降 無増悪生存割合*
*immune-related response criteria (irRC)に基づく20週時点での無増悪生存割合
**irRCに基づく奏効率

試験名: KEYNOTE-016

レジメン: ペムブロリズマブ

登録期間: 2013年9月〜2015年1月

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ