肝細胞癌 RESORCE

Regorafenib for patients with hepatocellular carcinoma who progressed on sorafenib treatment (RESORCE): a randomized, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial.

Bruix J, Qin S, Merle P, et al. Lancet 2017 ;389:56-66 [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
肝細胞癌 二次治療 第3相 全生存期間 国際 あり

試験名 :RESORCE

レジメン:レゴラフェニブ vs プラセボ

登録期間:2013年5月〜2016年2月

背景

肝細胞癌の薬物療法において、ソラフェニブ登場後、10年にわたり、第3相試験でpositiveを示す薬剤は認められなかった。特に、ソラフェニブ後の二次治療はアンメットニーズであった。レゴラフェニブは、血管新生阻害作用を持つチロシンキナーゼ阻害薬であり、大腸癌やGISTで承認されていた。第2相試験にて有効性が期待され、ソラフェニブ増悪例に対する第3相試験が計画された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ