肝細胞癌 REACH-2

Ramucirumab after sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma and increased α-fetoprotein concentration(REACH-2): a randomized, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial.

Zhu AX, Kang YK, Yen CJ, et al. Lancet Oncol 2019 ;20:282-96 [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
肝細胞癌 二次治療 第3相 全生存期間 国際 あり

試験名 :REACH-2

レジメン:ラムシルマブ vs プラセボ

登録期間:2015年7月〜2018年3月

背景

ラムシルマブは、VEGFR2を抑制するIgG1モノクローナル抗体である。肝細胞癌二次薬物療法としてソラフェニブ不応例に対して行われたREACH試験(ラムシルマブ vs. BSC)では、優越性が検証されなかったが、AFP 400 ng/ml以上の群では、ハザード比 0.674 (95% CI 0.508-0.895; P=0.006) と有意に良好であった。そのため、新たにAFP 400 ng/ml以上、ソラフェニブ不応、不耐例に対して、第3相試験が計画された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ