肝細胞癌 CELESTIAL

Cabozantinib in Patients with Advanced and Progressing Hepatocellular Carcinoma.

Abou-Alfa GK, Meyer T, Cheng AL, et al. N Engl J Med. 2018 ;379(1):54-63 [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
肝細胞癌 二次治療以降 第3相 全生存期間 国際 なし

試験名 :CELESTIAL

レジメン:カボザンチニブ vs プラセボ

登録期間:2013年9〜2017年9月

背景

カボザンチニブはVEGFR 1, 2, 3、MET、AXLなどを阻害するマルチキナーゼ阻害薬であり、肝細胞癌のマウスモデルで腫瘍増殖を抑制した。進行肝細胞癌を対象としたプラセボ対照ランダム化第2相試験で、以前にソラフェニブによる治療を受けたかどうかに関わらず、全生存期間中央値 11.5ヶ月、無増悪生存期間 5.2ヶ月と有望な治療成績を示しており、今回の国際共同プラセボ対照二重盲検比較第3相試験(CELESTIAL試験)の実施に至った。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ