食道癌 JCOG 9905-DI

A phase Ⅱ study of nedaplatin and 5-fluorouracil in metastatic squamous cell carcinoma of the esophagus : The Japan Clinical Oncology Group (JCOG) Trial (JCOG 9905-DI)

Kato K, Muro K, Ando N, et al. Esophagus. 2014 ;11(3), 183-188. [Abstract]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
食道扁平上皮癌 一次治療 第2相 奏効割合 国内 あり

試験名 :JCOG 9905-DI

レジメン:5-FU+ネダプラチン

登録期間:1999年12月〜2002年6月

背景

進行食道扁平上皮癌に対する一次化学療法として、5-FU+シスプラチンによる全身化学療法が最も一般的に使用されている。シスプラチンベースの化学療法はしばしば悪心、嘔吐、腎機能障害などの有害事象を引き起こし、用量調整や治療の延期を要することが多い。一般的に食道癌患者は他の癌腫と比較して、全身状態が不良で栄養状態が悪く、有効性を向上させ、有害事象を軽減させた新しい治療が必要とされていた。
ネダプラチンは第二世代の白金製剤であり、より良好な抗腫瘍効果を示し、腎機能障害が少なく、シスプラチンの10倍の水溶性を示す薬剤である。頭頸部や肺、子宮頸部、食道の扁平上皮癌を対象に単剤の第2相試験が行われ、有望な奏効割合を報告している。5-FU+ネダプラチン療法に関しては第1/2相試験が行われ、推奨用量は5-FU 800mg/m2 Day 1-5, ネダプラチン 90mg/m2 Day 1と決定し、奏効割合は50%と報告された。
本試験は食道扁平上皮癌に対する5-FU+ネダプラチン療法の有効性と安全性を検証するために実施された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ