食道癌 ATTRACTION-3

Nivolumab versus chemotherapy in patients with advanced oesophageal squamous cell carcinoma refractory or intolerant to previous chemotherapy (ATTRACTION-3): a multicentre, randomised, open-label, phase 3 trial.

Kato K, Cho BC, Takahashi M, et al. Lancet Oncol. 2019 Nov;20(11):1506-1517. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
食道扁平上皮癌 二次治療 第3相 全生存期間 国際 あり

試験名 :ATTRACTION-3

レジメン:ニボルマブ vs 化学療法 (ドセタキセル or パクリタキセル)

登録期間:2016年1月〜2017年5月

背景

進行食道扁平上皮がんに対する緩和的化学療法の有用性は十分に確立していない。
フッ化ピリミジンと白金製剤の併用療法は切除不能進行/再発食道扁平上皮がんに対する一次化学療法として広く受け入れられている。パクリタキセル/ドセタキセルは一次化学療法で不応となった症例に対する二次治療として用いられているが、血液毒性/消化器毒性/神経障害が問題となり、長期生存例も乏しい。
PD-1阻害薬の抗腫瘍活性は食道がん、頭頚部がん、非小細胞肺がん、肛門管がんといった扁平上皮癌を含むいくつかの試験で報告されており、米国FDAでは2019年、PD-L1発現を認める局所進行/転移性食道扁平上皮がんの二次治療以降に抗PD-1抗体薬であるペムブロリズマブを承認した。
同じく抗PD-1抗体薬であるニボルマブはフッ化ピリミジン、白金製剤、タキサン系抗がん剤に不応/不耐となった食道扁平上皮がん症例を対象として、第2相試験(ATTRACTION-1試験)を実施し、良好な有効性と安全性を示している。この結果を受け、フッ化ピリミジン/白金製剤に不応/不耐となった食道扁平上皮癌症例を対象として、二次治療におけるニボルマブと化学療法の有効性、安全性を比較検討する国際共同非盲検比較第3相試験(ATTRACTION-3試験)が実施された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ