大腸癌 V303

Irinotecan combined with fluorouracil compared with fluorouracil alone as first-line treatment for metastatic colorectal cancer: a multicentre randomised trial.

Douillard JY, Cunningham D, Roth AD, et al. Lancet. 2000 Mar 25;355(9209):1041-7. [PubMed]

対象疾患 治療ライン 研究の相 主要評価項目 実施地域 日本の参加
大腸癌 一次治療 第3相 無増悪生存期間 国際 なし

試験名 :V303

レジメン:持続静注5-FU/LV+イリノテカン vs 持続静注5-FU/LV

登録期間:1997年5月〜1998年2月

背景

切除不能進行大腸癌に対する標準治療は5-FU/LVで、生存期間の中央値は10-14ヶ月であった。イリノテカンは5-FUと交差耐性のない分子メカニズムで作用し、5-FUを用いた1次治療が不応となった場合、2次治療としてイリノテカンがbest supportive careや5-FU/LV単独より全生存期間を延長することが第III相試験で示された。以上より、5-FU/LVとイリノテカンの併用療法の効果が期待され、1次治療として持続静注5-FU/LV+イリノテカン併用療法の有用性を検証する第3相試験(V303)が実施された。

シェーマ

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

臨床試験サマリ一覧へ