ESMO Asia Congress 2019 FLASH REPORT - LBA3 -

Atezolizumab + bevacizumab vs sorafenib in patients with unresectable hepatocellular carcinoma: Phase 3 results from IMbrave150

A.-L. Cheng, et al.

背景

 切除不能肝細胞癌に対する一次治療として、マルチキナーゼ阻害剤であるソラフェニブとレンバチニブがしばしば選択されている1−7。切除不能肝細胞癌の一次薬物療法の患者を対象にしたアテゾリズマブ(抗PD-L1抗体) +ベバシズマブ (抗VEGF抗体)による第Ib相試験(NCT02715531試験)において、良好な有効性(奏効率: 36% 、無増悪生存期間(中央値): 7.3 ヶ月8-9 )と安全性が報告された。したがって、切除不能肝細胞癌の1次治療例を対象として、アテゾリズマブ +ベバシズマブとソラフェニブを比較した非盲検無作為化比較第III相試験(IMbrave150)試験が行われ、その結果がESMO-Asia 2019(シンガポール 2019/11/23)にて報告された。

対象と方法

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

レポート一覧へ