ESMO Asia Congress 2019 FLASH REPORT - 132P -

Liposomal irinotecan (nal-IRI) plus 5-fluorouracil/levoleucovorin (5 FU/LV) vs 5-FU/LV in Japanese patients (pts) with gemcitabine-refractory metastatic pancreatic cancer (mPAC)

T. Ioka, et al.

背景

 NAPOLI-1試験の結果、ゲムシタビン含有レジメンに不応の進行膵癌に対する2次化学療法として、ナルイリノテカンと5-FU/ロイコボリン併用療法(nal-IRI+5-FU/LV)は、5-FU/ロイコボリン療法(5-FU/LV)に対する全生存期間の優越性を示した(nal-IRI+5-FU/LV 3.1ヶ月vs 5-FU/LV 1.5 ヶ月, HR = 0.56, P = 0.0001) 。今回、ゲムシタビン含有レジメンに不応の日本人の進行膵癌患者に対して、nal-IRI+5-FU/LVの有効性と安全性が5-FU/LVとを比較して検討された。

対象と方法

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

レポート一覧へ