ASCO2019 学会速報レポート - Abstract 4002 - 肝胆膵癌

このエントリーをはてなブックマークに追加

Abstract4002:I Namiki, et al.
A multicenter randomized controlled trial to evaluate the efficacy of surgery vs. radiofrequency ablation for small hepatocellular carcinoma (SURF trial).

背景

 肝細胞癌(HCC)3cm、3個以内の場合、手術と経皮的ラジオ波焼灼術(RFA)、どちらが最適な治療かという疑問について、2005年より4つの無作為化試験が報告されてきた。1つは手術が良好な傾向という結論であったが、残り3つでは両者に差が認められかなった。いずれの試験も、症例数が最大230と限られており、検出力不足の試験であった。二つの種類の異なる治療を比較することは難しいが、HCCが多く、臨床試験体制の整っている本邦で試験を行うことにより、両治療の比較に結論を出せるのではないかと考えられた。

試験概要

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

レポート一覧へ