ASCO2019 学会速報レポート - Abstract #3501 - 大腸癌

このエントリーをはてなブックマークに追加

Abstract #3501:
Prospective pooled analysis of four randomized trials investigating duration of adjuvant (adj) oxaliplatin-based therapy (3 vs 6 months {m}) for patients (pts) with high-risk stage II colorectal cancer (CC).

背景

 IDEA試験は12カ国6つのランダム化第III相試験(SCOT[イギリス/デンマーク/スペイン/オーストラリア/スウェーデン/ニュージーランド], TOSCA[イタリア], Alliance/SWOB 80702[アメリカ/カナダ], IDEA France[フランス], ACHIEVE/ACHIEVE2[日本], HORG[ギリシャ])を統合解析した研究である。4つの試験(SCOT, TOSCA, ACHIEVE2, HORG)においてHigh risk Stage II大腸癌が含まれていた。
 MOSAIC試験の探索的サブグループ解析において、High risk Stage II大腸癌に対する5−FUへのオキサリプラチンの上乗せにより5年DFSで74.6%→82.3%(HR 0.72; 95%CI 0.5-1.02; p=0.071)、OSで83.3%→85%(HR 0.91; 95%CI: 0.61-1.36; p=0.648)と統計学的に有意ではないが、この成績向上はStage III症例と大きく異ならなかった。
 IDEA試験においてLow risk Stage III結腸癌(T1-3, N1)に対するCAPOX療法3ヶ月間投与が6ヶ月投与と比較し、非劣性を示した。オキサリプラチンは蓄積用量依存性の神経毒性を引き起こし、FOLFOX療法6ヶ月間投与では12.5%の症例にGrade 3の末梢性感覚ニューロパチーを認めた。

方法

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

レポート一覧へ