Abstract 5 大腸癌

このエントリーをはてなブックマークに追加

Utility of circulating tumor DNA (ctDNA) versus tumor tissue clinical sequencing for enrolling patients (Pts) with advanced gastrointestinal (GI) cancer to matched clinical trials: SCRUM-Japan GI-SCREEN and GOZILA Combined Analysis.

Yoshiaki Nakamura et al.

背景

 「SCRUM-Japan GI-SCREEN(以下GI-SCREEN)」は、国立がん研究センター東病院が中心となり行った進行消化器癌患者の産学連携全国がんゲノムスクリーニング事業である。進行消化器癌患者の遺伝子異常を解析し、各患者の遺伝子異常に対応した治療を提供することを目的に医療機関、検査機関、製薬会社などが協力して実施された。特定の遺伝子異常が見つかった患者では、新しい治療薬の臨床試験に参加できる可能性がある。

リキッドバイオプシーは、血液などの体液サンプルを使って診断や治療効果予測を行う技術である。従来の腫瘍組織の生検は侵襲が大きいため、複数箇所や繰り返しの生検は患者リスクが大きく、治療決定の遅れにも繋がる。しかしリキッドバイオプシーでは、血中を循環する腫瘍DNAの断片などを用いるため、低侵襲かつ迅速に解析することが可能であり、腫瘍組織生検の課題を克服できる可能性がある。

GI-SCREENでは腫瘍組織を用いて遺伝子異常を調べていた。GOZILA試験はGI-SCREEN研究の一環として、当初は「進行消化器癌」を対象にリキッドバイオプシー(next generation sequencing[NGS]ベースのctDNAアッセイ)での遺伝子解析を目的としていたが、GI-SCREENが進行消化器癌を含めた進行固形癌を対象とした「MONSTER-SCREEN」にとって変わることとなったため、途中から対象を「進行固形癌」に改め、試験が継続された。
 本報告は、GI-SCREENとGOZILAにおける進行消化器癌患者の遺伝子解析結果を比較検討したものである。

両試験の概要:

GI-SCREEN GOZILA
対象 進行消化器癌 進行固形癌(進行消化器癌を含む)
検体 腫瘍組織(生検組織または手術検体) 血液(血漿)
アッセイ Oncomine Comprehensive Assay Guardant360 (ct DNA Assay)
対象となるがん関連遺伝子異常数 V1: 143-gene
V3: 161-gene
74-gene
Central Lab Life Technologies Clinical Services Laboratory Guardant Health
開始時期 2015年2月 2018年2月

試験概要

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

レポート一覧へ