Abstract 374 胃癌

このエントリーをはてなブックマークに追加

An open-label phase II study of lenvatinib plus pembrolizumab in patients with advanced gastric cancer (EPOC1706).

Akihito Kawazoe, et al.

背景

 切除不能進行再発胃癌において抗PD-1抗体薬であるペムブロリズマブ単剤の奏効割合(ORR)は15%程度であるとKEYNOTE-061、KEYNOTE-062試験で報告されている。レンバチニブはVEGFRなどに対するマルチキナーゼ阻害薬であり、本邦では2020年1月現在、切除不能な肝細胞癌、根治切除不能な甲状腺癌に対して保険適応となっている。レンバチニブはin vivoにおける検討で、腫瘍周囲環境における腫瘍関連マクロファージを減少させ、細胞障害性T細胞の浸潤を増加させPD-1阻害薬の抗腫瘍活性を増強すると報告されている。以上より、レンバチニブとペムブロリズマブの併用療法の有効性と安全性を探索する第2相試験を計画した。

対象と方法

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

レポート一覧へ