Abstract 281 食道癌

このエントリーをはてなブックマークに追加

A randomized controlled phase III multicenter study on dose escalation in definitive chemoradiation for patients with locally advanced esophageal cancer: ARTDECO study.

Maarten C.C.M. Hulshof, et al.

背景

 頭頸部癌、肺癌、子宮頸癌、前立腺癌や膀胱癌に対する根治的化学放射線療法の照射線量は64~80Gyであり局所領域制御割合は70~85%である。一方で食道癌に対する根治的化学放射療法の照射線量は50.4Gyが標準であり局所領域制御割合は50%にとどまる。また、再発例のうち86%は原発巣での再発である。
 食道癌に対する根治的化学放射線療法において標準照射線量50.4Gyから64.8Gyへ線量増加による局所領域制御向上を期待しINT 0123試験が行われた。しかし64.8Gyは50.4Gyに対する優越性を示すことが出来なかった1)。ただしINT0123試験当時の照射方法は2~4門照射であり、64.8Gy群では標準照射線量50.4Gy照射後にboostとして原発巣に14.4Gy追加照射された。そのため治療期間は標準照射線量50.4Gyで5.5週間であったのに対し64.8Gyでは7週間必要であった。強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy:IMRT)や回転型強度変調放射線治療 (Volumetric Modulated Arc Therapy: VMAT)の普及により、治療期間を延長させることなく原発巣への照射線量を増量することが可能となったため、新たなDose escalation試験としてARTDECO試験が行われた。

対象と方法

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

レポート一覧へ