第4回座談会
-切除不能大腸癌に対する化学療法 二次治療について考える-

このエントリーをはてなブックマークに追加

切除不能大腸癌の全生存期間中央値は30ヶ月を超える時代に突入し、一次治療だけでなく、二次治療以降の治療戦略が非常に重要となってきました。今回は二次治療にフォーカスを当て、実際にどのように考え治療戦略を立てているのかについてディスカッションしていただきました。

はじめに

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

座談会一覧へ