第3回座談会:特別対談
-肝細胞癌における免疫チェックポイント阻害薬(1)
開発状況と現状のエビデンス-

このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫チェックポイント阻害薬が、今後の肝細胞癌治療を大きく変えていくと予想される。
池田 公史 先生(国立がん研究センター東病院 肝胆膵内科 科長)と上野 誠 先生(神奈川県立がんセンター 消化器内科(肝胆膵) 部長)の対談を全3回シリーズでお送りします。
その1回目として、開発状況とエビデンスを解説いただき、それを踏まえた議論をしていただきました。

はじめに

この記事は会員限定です。ログインをしてお読みください。

ユーザ登録ログイン

肝細胞癌における免疫チェックポイント阻害薬(2) Atezolizumab+Bevacizumabへ
座談会一覧へ